追加リアクトルを必要としない昇圧型SRM駆動回路

東京理科大学
星 伸一、城戸 悠士朗
/ 東京工業大学
千葉 明
/ 北海道大学
小笠原 悟司、竹本 真紹

概要

スイッチドリラクタンスモータを駆動する場合、駆動回路であるインバータの直流入力電圧が高い方が巻線電流の立ち上がり、立下りを高速にできる。しかし、電気自動車などで使用する場合、バッテリ電圧を余り高くすることも困難である。バッテリとインバータの間に昇圧回路挿入することも考えられるが、一般的に昇圧回路では、昇圧リアクトルが必要となり装置サイズの大型化につながってしまう。本講演では、追加リアクトルを必要とせず、バッテリ電圧よりも高い電圧をSRMの巻線に印加できる昇圧型SRM駆動回路について述べる。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ