モータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. 276 – 6相IPMモータの高調波鉄損解析

    ここでは、6相IPMモータの鉄損に対するキャリア高調波の影響を確認した事例をご説明します。

  2. 103 – 永久磁石同期モータの効率解析

    ここでは、正弦波電圧駆動において回転速度1,800(r/min)、電圧振幅40(V)時の効率を求めます。

  3. JAC277 – アキシャルギャップ型モータの振動解析

    ここでは、アキシャルギャップ型モータを対象とし、音圧レベル最大時に起きている現象を、電磁加振力と固有モードの観点から確認した事例を示します。

  4. [RTML-037] IM 連続定格 1(kW)

    型式:IM 出力:1k ステータ外径:500(mm) 積厚:300(mm) 電源:DC500(V)/250(A) ロータ:Cage

  5. 260 – アキシャルギャップ型モータの効率マップ作成

    ここでは、扁平率を変えたアキシャルギャップ型モータのモータ特性を、効率マップを用いて比較しています。

  6. 262 – Dy拡散磁石の不完全着磁を考慮したIPMモータの熱減磁解析

    ここでは、Dy拡散磁石を用いたモータにおいて、保磁力分布を持つDy拡散磁石の不完全着磁時の熱減磁耐性を解析します。

  7. [RTML-038] IM 連続定格 10(kW)

    型式:IM 出力:10k ステータ外径:134(mm) 積厚:42(mm) 電源:DC100(V)/5(A) ロータ:Cage

  8. 211 – IPMモータの素線のジュール損失解析

    ここでは、モータ回転時の渦電流を含めたコイルのジュール損失の評価事例を紹介します。

  9. 275 – 加工歪の影響を考慮したIPMモータの鉄損解析

    ここでは、打抜き加工による加工歪を考慮したIPMモータの解析を行い、トルクや磁束密度、鉄損への影響を評価します。

  10. 18 – IPMモータの熱解析

    ここでは、モータ全体の損失分布を求めるために損失解析と温度分布を評価する熱解析モデルを作成し昇温過程を解析することで、モータの温度分布を評価します。

  11. [W-OP-96] 駆動用モータの多目的最適化実現のための GA の必要性

    本稿では設計変数が12個(形状変数8個、回路変数4個)、目的関数は回転数1,200rpm、9,000rpmそれぞれにおいてトルク最大化、リップル最小化、電圧最小化の合計6つと、応力が20Mpa以下という制…

  12. [RTML-047] PMSM/IPM 連続定格 75(kW) 3相

    型式:PMSM 出力:75kW ステータ外径:212(mm) 積厚:200(mm) 電源:DC600(V)/250(A) ロータ:IPM

  13. [RTML-045] LSM_01

    型式:LSM 出力:2k 電源:DC400(V) ロータ:SPM

  14. [RTML-044] WFSM_01

    型式:WFSM 出力:2k ステータ外径:260(mm) 積厚:60(mm) 電源:DC200(V)/20(A)、DC100(V)/10(A) ロータ:WF

  15. [RTML-043] SRM_01 3相

    型式: SRM 出力:0.5k ステータ外径:160(mm) 積厚:75(mm) 電源:DC150(V) ロータ:RM

  16. [RTML-042] SynRM_01 3相

    型式:SynRM 出力:0.01k ステータ外径:150(mm) 積厚:37.5(mm) 電源:DC288(V)/5(A) ロータ:RM 平均トルク(N·m):0.8

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧