モータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. 228 – 誘導電動機の熱解析

    ここでは、誘導電動機の温度分布を評価した事例を紹介します。

  2. [RTML-043] SRM_01 3相

    型式:任意モデル 出力:0.5k ステータ外径:160(mm) 積厚:75(mm) 電源:DC150(V) ロータ:RM

  3. 165 – IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  4. [RTML-050] PMSM/IPM 3相 デルタ

    型式:任意モデル 出力:150(kW) ステータ外径:112(mm) 積厚:65(mm) 電源:DC24(V)/4(A) ロータ:IPM

  5. [RTML-049] PMSM/IPM 連続定格 75(kW) 3相 レゾルバ

    型式:PMSM 出力:75(kW) ステータ外径:212(mm) 積厚:200(mm) 電源:DC600(V)/250(A) ロータ:IPM

  6. 227 – 三相誘導電動機の回路制御シミュレーション

    ここでは、誘導電動機のJMAG-RTモデルを制御/回路シミュレータへ取り込んで、電流と速度を制御する回路シミュレーションを行っています。

  7. [RTML-048] WFSM_02

    型式:WFSM 出力:2(kW) ステータ外径:260(mm) 積厚:60(mm) 電源:DC200(V)/20(A)、DC100(V)/10(A) ロータ:WF 相数:6

  8. [W-MO-12] 2次元モデルと3次元モデルにみる同期インピーダンスの比較評価

    本事例では2次元モデルと3次元モデルの解析から得られる同期インピーダンスの比較を中心に、両モデルの差異を明らかにするとともに、いずれの解析結果も材料の非線形性に強く依存していること…

  9. [W-SE-101] 並列計算によるモータ渦電流の詳細解析

    占積率の向上やエンド部縮小による小型化のために角線を用いたヘアピンコイルを採用したモータが増えており、高速回転時のコイル素線内の電流偏りや交流銅損の見積もりが重要になってきている。

  10. 株式会社アイエムエス

    創業以来「着磁のスペシャリスト」として、磁気応用製品の先端技術開発を支え続けています。

  11. 軟磁性材“Somaloy”用途例 – シングルステータ・シングルロータ アキシャルギャップモータ –

    過去10年程で、軟磁性複合材料(SMC材)の開発は進み、電機機器への応用が進んでいます。本材料の大きな特徴は、粉末一粒ずつを絶縁処理することで損失を低減、また積層鋼板とは異なる磁気等方…

  12. [W-MB-66] JMAG-RT誘導機モデルの高精度化

    本報告では自動車駆動用モータへの適用を想定した誘導機プラントモデルの高精度化について報告する。

  13. [W-MB-153] 空間高調波を考慮したモータプラントモデルの精度・速度検証

    モータプラントモデルの精度向上のためには空間高調波の考慮が必要である。その精度はプラントモデル生成時の分解能および実行時の時間分解能に強く依存する。本書ではプラントモデルの一種で…

  14. [W-MB-156] 高調波鉄損の考慮によるモータプラントモデルの精度向上

    モータの高速化やPWM駆動の影響により、モータプラントモデルを用いた解析においても、その精度向上のため損失考慮の重要性が増している。特にプラントモデルに求める精度が高い場合には高調波…

  15. [W-MB-151] 制御適合に必要なモータプラントモデルの精度

    制御適合は実機を用いて動作点ごとに行われるため時間のかかる作業である。プラントモデルを用いることで制御適合の効率化を実現することを考える。しかし、制御適合は実機の特性に合わせて行…

  16. [W-MB-157] レゾルバ偏心時のPMモータトルクリップル制御への影響評価

    駆動用のモータドライブシステムを想定し、モータおよびレゾルバをJMAG-RTでモデル化することで、モータトルクリップル制御の検証を行う。レゾルバの偏心度合いや取付位置が近くなることによる…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧