Multiscale Noise and Vibration models for a Switched Reluctance-based drivetrain for EV and HEV

Ramana Kappagantu, Ph.D.
LMS Americas

概要

The recent growth in Electric and Hybrid Electric Vehicles has resulted in the increased use of electric motors in automotive vehicles. At the same time, the cost of materials (magnets) have also gone up multi-fold. This resulted in the increased use of switch reluctance motors for drivetrains and other auxilaries. They are inherently noisy and contribute to the NVH degradation of the vehicle. In this presentation we would address the modeling and analysis of SRM by integrating EM solutions like JMAG with Vibration & Acoustic solutions like LMS/Virtual.Lab.

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ