高効率・高トルクを実現する機電一体モータの取り組み

芝浦工業大学
工学部 電気工学科
赤津 観

概要

 モータにパワーエレクトロニクスを多量に用いて付加価値を実現する、をコンセプトに取り組んでいるMATRIXモータについて講演する。巻線切り替え方式による高効率範囲拡大、ティース瞬時磁束波形制御による低鉄損化、ギャップ磁束密度の瞬時制御による高トルク化、といった付加価値の実験結果を示し、機電一体モータならではの特徴と今後望まれる解析技術について述べる。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ