アキシャルギャップモータの高効率化の取り組み

北海道大学
大学院 情報科学研究科
竹本 真紹

概要

 現在、モータを組み込むシステムの付加価値向上のために、扁平形状がモータに要求されることがある。そこで、注目を浴びているのがアキシャルギャップモータである。アキシャルギャップモータは、扁平形状において、磁石の表面積を大きくとることができ、高トルク化が可能である。このような特性を備えたアキシャルギャップモータを活用するうえで欠かせないのが、高効率化である。そこで、まず、アキシャルギャップモータにおいて、モータの縦横寸法比(アスペクト比)がN-T特性および効率に及ぼす影響について、具体的な開発事例を用いて示す。そして、高トルク・高出力モータをアキシャルギャップモータで成立させるのに欠かせない、モータ内で発生する損失の低減方法についても、開発事例を用いて示す。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ