ロケットエンジン推進剤供給電動ポンプの高出力密度高回転 SPMモータロータに生じる電磁励振力

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
研究開発部門 第4研究ユニット
島垣 満

概要

モータロータ径方向の偏心のためロータコアで生じる磁束密度分布は、非一様のためギャップで生じる電磁力が変動して励振力が生じる。次に電動ポンプは、ポンプで生じる流体力によりモータロータを振れまわす力が生じる。故に流体力によりモータロータが振れまわされる場合、偏心のみの解析では、実現象に適当ではない。
本研究では、想定するポンプ流体力により振れまわり運動を仮定した解析により、電磁力の変動を把握することを目的とする。ただし電磁励振力によりロータ系が不安定になるか否かを判別する振動解析についてはフォーカス外とさせていただく。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ