機械学習を用いた多目的最適化における計算コストの削減手法 ~アクチュエータ開発への適用事例~

株式会社アイシン
センサ・アクチュエータ技術部
黒田 智弘

概要

電磁アクチュエータの開発において複数の特性を最大化するため、従来よりmodeFRONTIER(JMAG+多目的最適化)を活用しているが、幾度も要求仕様(搭載スペース等)が変更となるような状況下では多大な計算コストがかかるという課題があった。
本講演では、先ずmodeFRONTIERおよびJMAGで計算した結果を機械学習に取り込むことで設計パラメータと特性の関係を予測モデルとして構築しておき、この予測モデルを用いて設計パラメータの多目的最適化(遺伝的アルゴリズム)を組み合わせ、大幅に計算コストを低減した事例について紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ