電力トランス

パワートランスに関する問題には、基本特性を満足するといった設計に関するものだけでなく、試験や保守に関わるものも多く含まれます。 例えば、大容量化に伴う漏洩磁束は、タンクにおける局所的な漂遊損失を生じます。巻線の絶縁耐性は、局所的に発生する最大電界により決める必要があります。 また、電磁力や磁歪に起因する振動現象は形状や磁束分布が影響します。
JMAGは現象を可視化することで要因分析を進めやすくします。また、測定が難しい、物体内部の温度上昇や騒音の定量評価を可能にします。

評価項目

磁気飽和、渦電流、誘起電圧、漂遊損失、鉄損、磁歪力、電力、効率、温度、電界

事例/機能

鉄心に発生する漂遊損失

短絡試験における鉄心の損失分布を示しています。巻線端部からの漏れ磁束が鋼板の面内に垂直に入ることで表面に渦電流が生じていることが分かります。この漏れ磁束が運用時の局所的な発熱を引き起こします。磁化特性や導電率に異方性を与えることで、積層構造の鉄心における磁束や渦電流の振る舞いを正しく捉えます。

鉄心に発生する鉄損分布

変圧器は鉄心に方向性電磁鋼板を使用するため、解析では、容易軸と困難軸ごとに材料特性を定義します。額縁形積層鉄心では、脚部と継鉄部がVノッチ状にジョイントする継目付近に方向性電磁鋼板の異方性が効いてきます。鉄損解析の解析結果は、継目付近に損失が集中することを示しています。

コアに発生する鉄損分布

コア形状に応じた鉄損分布を確認できるだけでなく、鉄損を構成するヒステリシス損失とジュール損失に分けることで、それぞれの寄与度を評価します。

JMAGの機能 : 異方性磁化特性

方向性電磁鋼板に対して、容易方向と困難方向にそれぞれ磁化特性、鉄損特性を定義します。

漏れ磁束と漂遊損失の評価

磁気回路として評価が難しい漏れ磁束を正確に捉え、タンク壁に生じる漂遊損失を評価します。 損失分布を見ることで、タンク形状やトランスとの最適な位置関係を考慮した設計が可能です。

JMAGの機能 : 薄板メッシュ

タンクや遮蔽板などに対して層状メッシュを自動生成します。

JMAGの機能 : ディフィーチャリング

ステップラップ鉄心などの複雑形状を簡略化します。

絶縁耐久性を評価

局所的な電界分布から、巻線を含むトランスの絶縁耐性を評価します。

JMAGの機能 : 電界解析

巻線間に働く電界強度から絶縁耐性を計算します。

発熱現象

コアの鉄損、巻線の銅損、タンクの漂遊を熱源とした熱解析により、コアやタン壁などにおける温度分布を確認します。

JMAGの機能 : 磁界と熱の連成解析

部品各部で生じた銅損、鉄損および漂遊損を発熱源とした温度を求めます。

振動/騒音

コアに発生する電磁振動と磁歪振動をそれぞれ求めることで、振動現象に対する寄与度を比較します。

JMAGの機能 : 磁歪特性

磁束密度に対する歪量を定義できます。
磁界と構造の連成解析、LMSVirtual.Lab連携により、部品各部に働く電磁力、ローレンツ力、磁歪等価力を加振源とした振動、騒音が評価できます。

巻線に発生する電磁力の評価

電力投入時に発生する過渡的な電流は、巻線に対して大きなローレンツ力を発生します。また、絶縁皮膜の局所的な摩滅を予測評価します。

JMAGの機能 : 電磁力の計算

コイルを流れる電流に働くローレンツ力、コアに働く電磁力を計算します。




並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • JMAGホワイトペーパー

    [W-HU-71] JMAG並列ソルバの性能評価とハードウェア選定の注意点

    計算時間短縮に不可欠な並列ソルバには、ハードの進歩に合わせて適切なアルゴリズムを用いることが求められる。共有メモリ型並列ソルバ(SMP)はバージョン16.1から、分散メモリ型高並列(MPP)ソルバはバージョン17.0…

    2019-04-19

    • JMAGホワイトペーパー

    [W-MA-100] ⾼精度損失評価のための電磁鋼板詳細解析⼿法のご紹介

    電磁鋼板は電気機器の性能を左右する重要な要素の1つであり、高精度な損失評価が求められている。従来、磁界解析で得られた磁束密度波形を用いて後処理として鉄損解析を行う手法が普及している。

    • JMAGホワイトペーパー

    [W-TR-15] 均質化法に基づく変圧器遮蔽板の損失評価

    本稿では遮蔽板の電磁鋼板を1枚ごとにモデル化するのではなく、磁気的、電気的に等価な材料に置き換えた均質化法を適用することで、現実的なメッシュモデルを提案し、解析を行ったので下記に報告する。

    2019-03-26

    • JMAGホワイトペーパー

    [W-SE-72] 時間周期補正法による定常解高速解法

    本報告では,JMAGで採用しているTP-EEC法についてその具体的処理に触れ,それに基づいてTP-EEC法が苦手とする場面と適用して良い場面とを示す。読者ご自身のモデルへの,適用可否判断の材料としていただきたい。

    • アプリケーションカタログ

    254 – 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の振動を評価した事例を紹介します。なお、加振源となる部品は主にコア、タンク、巻線となりますが、本事例ではコアとタンクに着目します。

    2019-02-12

    • JMAGユーザー会講演論文集

    ズーミング解析を使用した分路リアクトルの巻線損失解析

    株式会社明電舎 伊藤 泰久

    2019-02-07

    • JMAGユーザー会講演論文集

    並列計算処理による大型変圧器の3 次元磁界解析

    富士電機株式会社 林田 広和

    • JMAGホワイトペーパー

    [W-SE-99] SMP ソルバーによる磁界解析の⾼速化

    概要磁界解析を⾼速に⾏うための⼿段の⼀つとして、並列ソルバーがある。JMAG には、お使いのコンピュータでもスイッチ⼀つですぐに利⽤できる、SMP 並列ソルバーが搭載されている。並列ソルバーには、その性能が解…

    2018-12-27

    • JMAGホワイトペーパー

    [W-SE-94] 三次元ソリッドモデルの自動メッシュ生成の速度改善

    概要計算機の目覚ましい性能向上に後押しされ、磁界解析の大規模化が進んでいる。設計開発現場における、大規模解析をより短時間で行いたいというニーズに答えるため、JMAGには高性能並列ソルバが搭載されている。…

    • アプリケーションカタログ

    221 – 磁性めっき線チョークコイルの高周波抵抗値低減効果の確認

    ここでは、JMAGの皮膜メッシュ機能を使用したチョークコイルの銅損失解析の結果から高周波抵抗値を求め、磁性めっき線を使用したコイルの抵抗値低減効果を確認します。

    2018-10-24

    • アプリケーションカタログ

    235 – リアクトルのコア漂遊損解析

    ここでは、リアクトルのコア漂遊損解析の事例についてご説明します。

    • アプリケーションカタログ

    202 – 電力用変圧器のコア漂遊損失解析

    漂遊損失は主として巻線からの漏れ磁束により発生しますが、漏れ磁束の影響は巻線に近い構造物ほど受け易くなります。漂遊損失が損失全体に占める割合は、必ずしも大きくはありませんが、局所的な発熱が生じること…

    • アプリケーションカタログ

    203 – 電力用変圧器の無負荷試験解析

    大型の電力用変圧器は、産業インフラを支える機器として高い安全性が求められますが、大型ゆえに実際の負荷を接続した試験は不可能です。このため、無負荷試験、短絡試験など特殊な回路構成で試験を行います。

    • アプリケーションカタログ

    238 – 直流重畳を考慮したリアクトルのヒステリシス損失解析

    ここでは、直流電流に加えスイッチングに伴う高周波電流が流れるモデルに対し、ヒステリシス損失の計算方法としてループカウント法とプレイモデルを用いた方法の違いを比較します。

    2018-03-05

    • アプリケーションカタログ

    232 – リアクトルのジュール損失解析

    ここでは、リアクトルのエアギャップの位置に対するジュール損失を検討した事例を示します。

    2018-03-02

    • アプリケーションカタログ

    206 – 磁界と熱流体連携による油入変圧器の温度解析

    電力用の大型変圧器は発電所で発電された高圧の電力を送電用に変圧するためなどに用いられます。変圧器の構造として、冷却と絶縁のために変圧器本体を納めたタンク内を絶縁油で満たした油入変圧器が多く用いられて…

    2018-02-20

絞込み検索