大規模計算

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. Best of Bosch – The Computational Concerto Orchestrating Finite Element Analysis, Network Methods, and Machine Learning

    Stefan KURZ, Robert Bosch GmbH

  2. JMAGを活用したアキシャルギャップモータの解析時間の高速化

    株式会社明電舎 太田 智

  3. 三次元磁路と非対称磁石配置をもつ可変界磁PMモータの運転特性

    ヤマハ発動機株式会社 日吉 祐太郎

  4. Development of a Detailed 3D Eccentric eMotor Model for Electric Vehicle NVH Simulations

    Jacob Krizan, Ford Motor Company

  5. HPCを活用したロバスト最適化手法の実用化

    株式会社デンソー 吉岡 卓哉

  6. [L-HU-168] 多並列計算を活用して大規模モデルを高速に求解

    精度のよい損失解析のための選択肢として3D解析があります。しかし、要素数は数百万に及ぶことも多く計算コストの面で用途が限られてきました。十分な解析結果を設計に反映させるためには、実…

  7. [JFT171] 結果ファイルを読み込まない多ケース計算の結果評価

    本資料では、リモートマシンを使用した解析を行い、ローカルマシンに結果ファイルを転送せずに解析結果を確認する方法を学習します。

  8. [JFT174] パラメータ最適化のワークフローとポイント

    本資料は、技術資料を参考に自分の取り組む解析について精度向上や業務効率化ができる中級レベルの読者を想定しています。そのため、基本事項や詳細な手順は省略しています。

  9. [L-MO-09] コイルエンドを含む素線形状をテンプレートで簡単に作成

    角線コイルの利用やモータの高速化に伴い、コイル交流損失は無視できない損失要因になってきています。コイル交流損失は、周波数や素線形状・配置による表皮効果や近接効果、さらにはコイルエ…

  10. [JFT164] 最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索(Ver.22.0以降)

    本資料では、最適化計算時に形状破綻を低減する寸法範囲の探索に有用な機能の使用方法を学習します。

  11. 三次元磁界解析による大型変圧器の漂遊損解析

    富士電機株式会社 佐久間 政喜

  12. Microsoft Azureを活用したモータ設計プロセス効率化の一例

    日産自動車株式会社 佐々木 健介

  13. 株式会社明電舎

    自動車駆動用途を想定した巻線界磁モータの特性計算

    株式会社明電舎 桜井 茂夫

  14. 自動車駆動用多相誘導モータの構造、特性とその解析

    東京工業大学 千葉 明

  15. ジェイテクト

    クラウドを活用した誘導加熱コイルのトポロジー最適化

    株式会社ジェイテクトサーモシステム 中田 綾香

  16. 自動車駆動用モータへの磁石寸法とフラックスバリアトポロジーの同時最適化技術の適用

    日立Astemo株式会社 吉成 幸広

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して