News

【一覧に戻る】

JMAG導入事例

株式会社明電舎 様
事業ドメインの拡大と強化を側面から促すJMAG

各種の重電機器や産業向け電機システムなどを手がけ、創業113年を迎える株式会社明電舎。主な製品の技術的な基盤は、各種のモータに象徴される「回転するモノ」にある。高効率・高出力、そして精細な制御技術の確立と製品開発を支え、さらなる技術発展を促しているのがJSOLの電磁界解析ソフトウェア「JMAG」。環境問題への高度な対応が求められる新技術の開発においても、電磁界解析ソフトは主導的な役割を果たそうとしている。

同社執行役員・製品開発本部長の山田氏、シニアフェローの野村氏、製品開発企画部主管技師の渡辺氏、解析制御技術課長の松橋氏にJMAG導入の背景やメリットを聞いた。

株式会社明電舎
執行役員
製品開発本部長

山田 哲夫氏

株式会社明電舎
製品開発本部
シニアフェロー

野村 昌克氏

株式会社明電舎
製品開発本部
製品開発企画部
主管技師

渡辺 広光氏

株式会社明電舎
製品開発本部
製品開発企画部
解析制御技術課長

松橋 大器氏

−貴社は、1897年(明治30年)の創業以来、発電・変電・配電などに関する電気機器の製造販売、また上下水道分野の各種の水処理装置と制御システム、さらに各種の生産設備機械用電気品とコンピュータシステムなど、社会インフラの充実に貢献されていますが、「明電舎らしい強み」とは?

山田氏  当社の技術と製品のベースには、モータに象徴される「回ること」、つまり「回転機」があります。「回る」という現象は、シンプルなようであって実は大変奥の深い世界です。例えばモータが回り始めるときや減速するとき、あるいはモータに回される負荷の種類によっても、必要な力や回転速度、さらには制御の方法も異なってきます。

モータドライブシステムは通常、モータそのものと、電力を供給してモータの速度を制御するインバータの二つからなります。どちらが主で、どちらが従ということではなく、共に優れていなければ品質の良いシステムにはなりません。モータはインバータの制御に対して迅速かつ正確に反応できなくてはなりませんし、インバータはモータの速度や出力を正確に検出して出力を制御しなくてはなりません。

モータとインバータを別々に購入して組み合わせることは可能です。しかし、当社ではモータとインバータを一体のものとして開発することで、より高い性能を生み出し、お客様に信頼いただける製品を創出しています。

当社では、モータとインバータの開発技術者が一体となって開発にあたり、開発の各ステージで非常に詳細な検証を行います。その結果、モータとインバータを組合せて使用したときの問題を開発段階で解消することができます。お客様が実際に使用する状況を想定した検証を行うことで、お客様がスムーズにお使いいただける製品を提供できるのです。



明電舎のモータ


明電舎のインバータ






Contents

 1. JMAG導入事例 株式会社 明電舎 様   2. JMAGによるモータ開発
 3. JMAG解析事例 『 IPMモータの鉄損解析 』   『 SPMモータの熱減磁解析 』
 4. 展示会出展報告 - TECHNO-FRONTIER 2010 -   5. 定期開催セミナー案内


Contact US


30日間無料トライアル