これからの電気機器設計のためのクラウド活用セミナー

株式会社電通国際情報サービスロゴ
日本マイクロソフト株式会社ロゴ
JMAGロゴ


2017年10月20日
開催レポートを掲載いたしました。

開催趣旨


電気機器内の現象の詳細把握や、設計空間を調べるための大量計算には、高速な計算処理、環境が欠かせません。
HPCなど巨大な計算リソースを自社で持つ企業も増えています。一方で、開発、設計のプロセスに占めるCAEの領域は一部分であり、解析業務は繁忙期が偏る場合があります。一時的に計算リソースが不足する、大きな計算リソースを長期で保有することが難しいなどの問題に対して、クラウドの利用が解決策となります。
本セミナーでは、大規模・大量計算によって実現する電磁界解析の世界とPLEXUS-CAE/Azureを使ってのクラウド環境構築についてご紹介します。

キーワード:オンデマンド 高並列 クラウド

概要

主催 株式会社電通国際情報サービス / 日本マイクロソフト株式会社 / 株式会社JSOL
会期 2017年10月18日 (水) 14:30~16:30(14:00 受付開始)
会場 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 セミナールーム
〒108-0075 東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー
https://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/branch/sgt.aspx
定員 30名
対象者 今よりも詳細な電気機器設計シミュレーションをされたい方
マシンリソースの不足を感じられている方
CAE環境構築にお悩みの方
参加費 無料
申込〆切 開催日5営業日前
(定員に達した場合、締切らせていただくことがございます。)

お申込み

Web入力フォーム、電子メールのいずれかの方法でお申し込みいただけます。
※同業他社及びその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
※記入された情報は株式会社JSOL、株式会社電通国際情報サービス、日本マイクロソフト株式会社と共有します。詳しくは申込みフォームにある個人情報のお取扱いについてをご覧ください。


これからの電気機器設計のためのクラウド活用セミナー参加受付は、
締切らせていただきました。
お申し込みをいただき、誠にありがとうございました。(2017/10/17)


プログラム

時間 講演概要
14:00~ 受付開始
14:30~14:55
「これからの電気機器設計のためのクラウド活用事例」
株式会社JSOL JMAGビジネスカンパニー 佐野 広征

JMAGは、実用時間内での3次元解析を実現します。
角線コイル永久磁石同期回転機の交流損失解析例えば、100万要素のモータモデルを1ステップ1分(1コアで30分)で解く、コイルエンドを含む素線をモデル化した3次元解析を1日(1コアで1ヶ月以上)で解く、というようなレベルで解析を行います。
従来、回転機では2次元解析が多く用いられてきました。これは3次元形状の回転機に対して2次元近似が成立していることが前提となります。回転機の薄型化、高出力化に伴い、2次元の前提が崩れ、3次元解析が必要となる場面が増えています。3次元解析はコストがかかるため検討に限度がありましたが、高並列ソルバを用いることで実用可能となります。3次元モデルで直接計算することで、エンドプレートやカバーの影響、コイル素線内の電流密度分布の偏りなど、複雑な現象を近似に頼ることなく設計案を詳細に検討することが可能です。
本セミナーでは、詳細な形状を含む大規模解析モデルを解くためにクラウドを活用した事例をご紹介します。

14:55~15:25
「CAEクラウド活用の最新動向、最新IB/GPU搭載クラウド Azure HPCのご紹介」
日本マイクロソフト株式会社 製造インダストリーマーケティングマネージャー 鈴木 靖隆氏

Azure Data Center 自工会様によるクラウド活用ハンドブックのリリースなどCAEにおけるクラウドHPC検討が本格化してまいりました。
本公演では製造業の解析業務におけるCAEクラウド活用状況を共有するとともに、マイクロソフトのクラウドサービス"Azure HPC"におけるInfiniBandやGPUといったCAEに求められるスペック・セキュリティへの対応についてご紹介いたします。

15:25~15:40 コーヒーブレイク:
展示ブースをご用意しています。お立ち寄りください。
15:40~16:20
「クラウド型 CAEサービス PLEXUS CAEのご紹介 ~ JMAGの計算、はやくなります ~」
株式会社電通国際情報サービス
エンジニアリングソリューション事業部 ES技術ユニット ES CAE技術部 アシスタントマネージャー 沼尻 剛志氏

これからクラウドCAEを検討される方へ、基礎から気になるポイントまでわかりやすくご説明いたします。また、JMAGのベンチマーク結果や"クラウドを上手く活用する仕組み"としてISIDが提供するクラウド型CAEサービス PLEXUS CAE についてデモを交えながらご紹介いたします。

16:20~16:30
「JMAGのクラウド利用Tips」
株式会社JSOL JMAGビジネスカンパニー 佐野 広征

セミナー終了後技術相談会を実施しています。ご希望の方はお知らせください。

※講演内容は、都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。


開催レポート

2017年10月18日に、日本マイクロソフト株式会社、株式会社電通国際情報サービス、株式会社JSOLの三社合同で『これからの電気機器設計のためのクラウド活用セミナー』を開催しました。
またセミナー後は、クラウド導入に向け具体的なご検討をされるお客様から個別にご質問とご相談をお受けし、これからのクラウド活用に関する感心の高さを感じました。

セミナー開催時の様子

お問い合わせ

株式会社JSOL JMAGビジネスカンパニー セミナー事務局
E-Mail : event@jmag-international.com