モータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 255 – 3次元補正を用いたIPMモータのN-Tカーブ評価

    ここでは、補正機能を使ってN-Tカーブを求めた事例をご紹介します。

  2. [L-HU-01] 高並列ソルバで回転機の複雑な現象をありのまま解析

    JMAGの高並列ソルバは、実用時間内での3次元解析を実現します。例えば、100万要素のモータモデルを1ステップ1分(1コアで30分)で解く、コイルエンドを含む素線をモデル化した3次元解析を1日(…

  3. [W-SE-72] 時間周期補正法による定常解高速解法

    本報告では,JMAGで採用しているTP-EEC法についてその具体的処理に触れ,それに基づいてTP-EEC法が苦手とする場面と適用して良い場面とを示す。読者ご自身のモデルへの,適用可否判断の材料と…

  4. [W-MB-64] JMAG-RTにおける損失モデリング

    本報告ではJMAG-RTモデルにおいて損失がどのようにモデル化されているかを解説する。

  5. [W-MA-21] ヒステリシスと渦電流分布を考慮したSRモータの鉄損解析

    スイッチトリラクタンスモータ(以下SRモータ)は磁石を用いないことから、耐久性、堅牢性が高く、低コストを特徴としている。SRモータの鉄心の磁束密度波形は永久磁石同期機や誘導電動機の様な…

  6. [W-MO-13] 3次元形状を考慮した2次元ブラシモータ解析の検討

    本事例では、3次元解析モデル(3Dモデル)との比較を通して、三次元形状を考慮した2次元解析モデル(2Dモデル)構築の検討を行った。これらの結果の比較を通してモデル化の妥当性も示す。

  7. [W-MO-12] 2次元モデルと3次元モデルにみる同期インピーダンスの比較評価

    本事例では2次元モデルと3次元モデルの解析から得られる同期インピーダンスの比較を中心に、両モデルの差異を明らかにするとともに、いずれの解析結果も材料の非線形性に強く依存していること…

  8. [W-MB-63] JMAG-RTモデルの最適な分解能の決定方法

    本資料では、システムシミュレーションを行いながら反復的にJMAG-RTモデルの分解能をあげる方法を提示する。

  9. [W-MA-49] 漂遊有負荷損失解析の必要性とアプローチ

    損失の主要成分は動作点によって異なる。その成分の一つとして漂遊負荷損失が挙げられる。物理現象としての漂遊負荷損失は機器内の部品に生じる渦電流によって生じるが、鉄損、銅損、機械損と…

  10. [W-MA-67] 積層鋼板渦電流損失解析における形状端部効果について

    本ホワイトペーパーではこの分析結果をもとに,2次元+1D法が精度を落とす場面を明確にし,今後取り組むべき課題を示す。

  11. [W-MO-24] ズーミング法による回転機の銅損解析

    本稿では,本手法を2次元回転機の素線の銅損特性解析および3次元回転機のリッツ線の損失解析に適用し,計算精度と計算速度の改善ついて評価を行った。以降では,特に断りがない限り,境界上…

  12. [W-MA-51] 鋼板内の電磁現象をシミュレーションにより読み解く

    ここでは、JMAGの最新の分析機能によるプレイモデル+1D法の解析結果の確認を通して、シミュレーションにより鋼板内の詳細な物理現象を捉えることができることを紹介する。

  13. 223 – 高回転時の応力を考慮したIPMモータの多目的最適化

    ここでは、トルク特性(5,000(r/min))と高回転時(10,000(r/min))の遠心力による応力を目的関数とし、多目的遺伝的アルゴリズムによるロータ形状の設計を行った事例をご紹介します。

  14. [W-MA-50] 損失解析から見た2D解析の有効性と限界

    ここでは、三次元解析と1D法の結果をもとに還流による影響度を評価する。

  15. 219 – アキシャルギャップモータのコギングトルク解析

    ここでは、アキシャルギャップ型モータのコギングトルク解析の事例を示しています。

  16. New Opportunities for Motor Design – Electric and Hybrid Propulsion of Aircraft

    University of Wisconsin-Madison Bulent Sarlioglu

絞込み検索