モータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [W-SE-94] 三次元ソリッドモデルの自動メッシュ生成の速度改善

    概要計算機の目覚ましい性能向上に後押しされ、磁界解析の大規模化が進んでいる。設計開発現場における、大規模解析をより短時間で行いたいというニーズに答えるため、JMAGには高性能並列ソル…

  2. 167 – 三相誘導電動機の鉄損解析

    ここでは、回転速度3,300(r/min)時のステータコア、ロ-タコアの鉄損を確認した事例についてご説明します。

  3. 195 – 3次元補正機能を用いた三相誘導電動機のトルク特性解析

    ここでは、インダクタンスの補正値を求め、3次元補正機能を用いたN-T特性(回転数-トルク特性)を求める事例をご紹介いたします。

  4. 142 – 分割コアの圧入解析

    ここでは、コアとフレームの締結による応力解析を圧入条件でモデル化し、応力を考慮した場合としない場合のIPMモータの無負荷時の鉄損密度を求めています。

  5. 20 – SPMモータの音圧解析

    モータがより身近に使われるようになるに従い、静粛性に対する要求が高まっています。騒音は、電磁騒音、機械騒音、通風騒音に分けることが出来ますが、特に中・小型モータの騒音要因としては…

  6. 181 – SRモータの駆動特性解析

    希土類磁石の価格高騰を受けて、永久磁石を使用しないモータ形式としてSRモータ(switched reluctance motor)に期待が集まっています。SRモータは構造が簡単で堅牢、安価を実現できます。

  7. [L-MO-29] JMAG (FEA) による効率マップの作成

    モータの動作域全域の性能を表現する特性として効率マップが有効です。効率マップを得るためには効率が最大となる条件を探索する必要があり、これまではJMAG-RTモデル(プラントモデル)を用い…

  8. [L-MO-09] コイルエンドを含む素線形状を テンプレートで簡単に作成

    角線コイルの利用やモータの高速化に伴い、コイル交流損失は無視できない損失要因になってきています。コイル交流損失は、周波数や素線形状・配置による表皮効果や近接効果、さらにはコイルエ…

  9. [L-MB-36] JMAG-RTから得られる詳細モータ特性で 制御モデル高精度化

    モータ制御における制御パラメータの同定にはモータ特性が必要です。これまでは、コントローラ側の動作点に依らないインダクタンス、誘起電圧の定数項からなるモデルであるため、指令値に対す…

  10. [L-MB-33] モータドライブ開発を支援する JMAG-MATLAB/Simulink連携

    JMAGは、MATLAB/Simulink(以下Simulink)を開発するMathWorksと共同で、EV/HEVをはじめとしたモータドライブ開発に有用なモデルベース開発(以下MBD)を強力に支援します。モータドライブシス…

  11. [L-MB-30] JMAG-RTで制御時のモータ特性を正確にとらえる

    一般的にモータドライブシステムの制御・回路シミューションで用いられるモータモデルの特性は駆動状態に対して一定と仮定されることが多くあります。これはモデル準備のコストが低いこと、評…

  12. [L-MB-31] JMAG-RTモデルによるモータの内部状態モニタリング

    電気自動車、ロボットなどモータを用いる機器の普及に伴い、モータには静粛性、安全性が要求されるようになっています。それによりモータの制御では磁束波形を正弦波にコントロールするなどこ…

  13. [L-MU-93] JMAG/Adams/Simulink連携による車両走行シミュレーション

    電気自動車で使用される駆動用モータは一般的にはエンジンよりも振動が小さいと言われていますが、トルクの脈動(トルクリップル)による振動が車両全体に伝わり問題となることがあります。従…

  14. [L-MU-92] JMAG/Particleworks連携によるモータの冷却解析

    モータの温度管理は重要な課題です。PMモータの磁石は温度上昇によって減磁が生じ、高効率が失われてしまいます。自然空冷で十分に温度上昇を防げる場合は、複雑な液冷機構を設ける必要はあり…

  15. [L-MU-91] JMAG/RomaxDESIGNER連携による EVドライブラインのNVH解析

    NVHはEV/HEVのドライブライン開発における最も重要な課題の一つです。ドライブラインのNVH解析で考慮すべきいくつかの点があります。ドライブラインのNVHを適切に評価するにはモータだけでなく…

  16. [L-MO-90] モータ用コイルの詳細なモデリング

    モータの高電力密度化、低背化の要求を受け、コイルの詳細形状の影響を見ることができる精度の高い解析が求められています。今回の新バージョンでは、素線モデリング機能の新規開発とコイルを…

絞込み検索