モデルベースデザインを推進するJMAG-RTの今後

株式会社 JSOL エンジニアリング本部 電磁場技術部
古林 としえ

概要

システム全体の開発プロセスをMATLAB/Simulink 上に載せて開発を進める『モデルベース開発』が浸透していますが、モータを含んだ開発としてはまだ完成とはいえません。
課題は、各プラントにおける高精度モデルの作成と1D モデルといわれるHILS/SILS に搭載するモデルへの変換です。JMAG-RT はFEA によるリアルなモータ特性を考慮したモータモデルを提供します。本セミナーでは、高精度なプラントモデルに対するJSOL の取り組みをご紹介します。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ