モータの振動・騒音シミュレーション解析とそのポイント

株式会社東芝
野田 伸一

概要

近年、環境問題への関心の高まりから、騒音に対する配慮が強く求められている。一方、電気自動車EV が注目され、さらに洗濯機、エアコンなどの家電製品、医療機器や工作機械などのあらゆる電気機器の音源であるモータへの静かさが要求されている。
モータの振動や騒音は、(1)加振力である電磁力、(2)伝達系のモータ構造物、(3)機器装置への伝達、について対策する必要がある。すなわち、モータの低騒音化には、音源の発生メカニズムを十分に理解し、伝達する構造面について取り組むことにある。
電磁騒音の電磁力モードやその周波数についてわかりやすく説明する。また、モータの構造特性、すなわち、機械的な固有振動モードと有限要素法シミュレーションについてモデル化への考え方、実験と解析の比較を交え、実際の解析業務に活用できるように解説する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ