JMAGを用いた超電導マグネットの設計

住友重機械工業株式会社 技術本部 技術研究所
吉田 潤

概要

超電導マグネットは超電導線材に高密度の電流を通電し、高磁場を得る装置であり、常電導マグネットと比べて小型かつ軽量である。マグネットの設計では、超電導線材のピーク磁場と電流密度、超電導コイルの冷却、電磁力支持構造の検討などが重要である。これらの検討には電磁場-伝熱、電磁場-構造の連成解析が必要となる。
講演では冷却部材の熱解析、輻射シールドの構造解析について紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ