応力解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 223 – 高回転時の応力を考慮したIPMモータの多目的最適化

    ここでは、形状ごとに高トルクが得られる最適な電流位相を求め、その時のトルク特性(1,000(r/min))と高回転時(10,000(r/min))の遠心力による応力を目的関数とし、多目的遺伝的アルゴリズム…

  2. 263 – 磁石とロータコアの摩擦を考慮したIPMモータの応力解析

    ここでは、IPMモータの磁石とロータコアの接触状態がどのように応力分布に影響するかを評価するため、部品が剛体結合している場合と、摩擦を考慮して磁石が滑る場合のそれぞれのミーゼス応力を…

  3. 208 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析 (Abaqus連携)

    ここでは、高温に達した際の変形量、および、加熱中の変形により加熱範囲がどのように変化しうるかをJMAGによる発熱量解析とAbaqusによる伝熱・変形解析の連携により評価します。

  4. 218 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析

    ここではJMAGの磁界-熱応力の連成解析機能を用いて、誘導加熱硬化による歯車の変形を評価する解析を行っています。

  5. アウタロータハウジングへのCFRP 適用による性能向上の可能性検討

    株式会社ピューズ 坂下 善行

  6. [W-OP-96] 駆動用モータの多目的最適化実現のための GA の必要性

    概要HEVやEV用の駆動用モータは駆動状態ごとに求められるパフォーマンスが異なったり、磁界だけでなく構造や熱に関して制約を設けられることがある。例えば、低速・高負荷の駆動状態では高トル…

  7. 142 – 分割コアの圧入解析

    ここでは、コアとフレームの締結による応力解析を圧入条件でモデル化し、応力を考慮した場合としない場合のIPMモータの無負荷時の鉄損密度を求めています。

  8. [L-MA-38] 応力依存性材料特性による鉄損計算精度改善

    モータの効率は重要な評価項目ですが、実測値と解析値の乖離がしばしばおこります。乖離の原因の一つに実機では様々な要因で応力が印可されており鉄損が増加することが挙げられます。JMAGの応…

  9. [W-MA-47] 応力を考慮した鉄損解析が実用段階に

    1.応力を考慮する背景電磁界解析において鉄損解析の精度向上が課題となっている。従来の鉄損の計算方法では、あらかじめエプスタイン法等で測定した電磁鋼板の素材の鉄損特性より機器の鉄損を…

  10. 198 – バスバーの熱応力解析

    インバータ等のパワエレ機器の電力の供給ラインではバスバーやボンディングワイヤを介して電流が供給されます。インバータなどの機器は数(kHz)のPWMキャリア周波数で動作するため、周波数が高…

  11. 31 – 圧入応力を考慮したSPMモータの鉄損解析

    概要SPMモータのコアは積層構造を有し、これを維持するための手法として、圧入や焼き嵌めがあります。コアに電磁鋼板を使用しているモータの場合、圧入接合により発生した応力が鉄損を増加させ…

  12. JMAGを活用したPMモータの熱・構造・磁界連成解析

    JFEテクノリサーチ株式会社 田中 進也

  13. タービン発電機のコイルエンド応力解析の実用化

    富士電機株式会社 水本 貴之

  14. PMモータ混相流の熱流体解析

    コマツ 開発本部 谷村 利伸

  15. タービン発電機のコイルエンド応力解析

    富士電機株式会社 黒田 洪平

  16. 鉄損解析評価における応力の影響と鋼板加工方法による検証

    株式会社安川電機 大戸 基道

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧