タービン発電機のコイルエンド応力解析

富士電機株式会社 回転機部
黒田 洪平

概要

FEM による電磁界解析は、回転機の分野で広く用いられている。その中でも試作機の製作・試験が容易でない大形回転機では、電磁界解析の信頼性を評価することが最も重要な役割である。
本稿では、タービン発電機の固定子コイルエンドについて、磁界解析と応力解析の連成解析を実施した一例を紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ