発電機

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 251 – オルタネータの振動解析

    ここでは、クローポール型オルタネータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、そのオルタネータの構造解析と連成させることにより加速度を評価します。また、電磁力と固有モードの周波…

  2. [W-MO-17] 四面体・五面体の混合メッシュを利用したオルタネータ解析

    本稿では計算時間を短縮するための効果的なメッシュを行うため、四面体・五面体の混合メッシュを取り上げ、これまでの四面体メッシュを用いて解析を実施した場合の計算時間と精度の比較、混合…

  3. [W-SE-99] SMP ソルバーによる磁界解析の⾼速化

    概要磁界解析を⾼速に⾏うための⼿段の⼀つとして、並列ソルバーがある。JMAG には、お使いのコンピュータでもスイッチ⼀つですぐに利⽤できる、SMP 並列ソルバーが搭載されている。並列ソルバ…

  4. [W-SE-95] 三次元表皮メッシュ生成の改善

    概要近年、電気機器の設計において、渦電流を考慮した有限要素法による電磁界解析は広く用いられている。例えば誘導加熱における発熱量を評価する際には渦電流を考慮することは必須であるし、…

  5. [L-MO-09] コイルエンドを含む素線形状を テンプレートで簡単に作成

    角線コイルの利用やモータの高速化に伴い、コイル交流損失は無視できない損失要因になってきています。コイル交流損失は、周波数や素線形状・配置による表皮効果や近接効果、さらにはコイルエ…

  6. [L-MO-90] モータ用コイルの詳細なモデリング

    モータの高電力密度化、低背化の要求を受け、コイルの詳細形状の影響を見ることができる精度の高い解析が求められています。今回の新バージョンでは、素線モデリング機能の新規開発とコイルを…

  7. [L-MO-89] モータ設計ツールJMAG-Express

    JMAG-Expressはモータ設計ツールです。電卓のように、瞬時にモータ特性を計算し、要件を満足する設計仕様を出力します。有限要素法をベースにしているため、モータの微細な形状や高負荷時の磁…

  8. 216 – 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたクローポール型オルタネータのシミュレーション

    ここでは、ロータの回転数を変えた時のクローポール型オルタネータの出力電圧と界磁電流を確認しています。

  9. 212 – クローポール型オルタネータの交流損失解析

    ここでは、クローポール型オルタネータの交流損失を求めた事例をご紹介します。

  10. 253 – 誘導発電機の出力特性解析

    ここでは、誘導発電機の出力電力と効率の関係を示した事例を紹介します。

  11. [RTML-046] ALTERNATOR_01

    型式:ALTERNATOR、ステータ外径:140(mm)、積厚:45(mm)、電源:DC200(V)

  12. 121 – 突極型同期発電機の発電量解析

    突極型同期発電機は水力発電機などに使用されます。ロータのコイルに界磁電流を流しロータを回転させることで、ステータのコイル(電機子)に発電させます。

  13. 25 – クローポール型オルタネータの発電量解析

    概要自動車の低燃費化要求は年々高まっており、それをサポートするためにパワーステアリングや冷却ポンプなどの補機類の電動化が進んでいます。このため、一般的なガソリン車においても電力使…

  14. 三次元有限要素法による4極空冷タービン発電機の損失分布の検討

    東芝三菱電機産業システム株式会社 神山 博夢

  15. Simulation based design validation and optimisation of Electrical machines for automotive applications

    Lucas-TVS Ltd., M.P.Ragavendra

  16. Induction Motor Sound and Co-simulation with JMAG and Virtual.lab

    Li xin, EMERSON Climate Technologies

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧