鉄損解析評価における応力の影響と鋼板加工方法による検証

株式会社安川電機 技術開発本部 開発研究所 エネルギー変換技術グループ
大戸 基道

概要

モータの高効率化が求められている中で電磁界解析による鉄損計算についても高い精度が要求されている。
一方、電磁鋼板にかかる応力が鉄損特性を劣化させることが一般的に言われており、計算結果を評価する際に応力の影響を考慮することは重要である。本発表では鉄損の測定値と解析結果との誤差を、電磁鋼板の加工方法を変えて測定値をとり各加工方法が鉄損に与える影響を調査した結果を報告する。これにより今後、解析で考慮すべき要因が明らかとなった。
また、解析では損失密度分布や応力分布を解析できることが有用であるが、測定技術の向上により実測においても損失密度分布、応力分布の可視化の実現がなされてきているので本発表において報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ