誘導電動機の大規模数値解析

株式会社東芝 電力・社会システム技術開発センター 電機電池応用・パワエレシステム開発部
松下 真琴

概要

電磁界解析の高速化技術の進展により、これまで困難であった3次元形状を詳細にモデル化した解析が可能となってきている。
本講演では、誘導機解析における回転子の3次元形状が解析に及ぼす影響を2次元/3次元解析の比較を通して確認する。
また、HPCによる高速化技術の3次元解析への適用による解析時間短縮の効果と今後の解析の可能性について言及する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ