FQ

周波数応答磁界解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. 32 – トランスの出力特性解析

    ここでは、磁界解析を行い低周波トランスの負荷変動による2次電圧の変化を求めています。

  2. [RTML-037] IM 連続定格 1(kW)

    型式:IM 出力:1k ステータ外径:500(mm) 積厚:300(mm) 電源:DC500(V)/250(A) ロータ:Cage

  3. [RTML-038] IM 連続定格 10(kW)

    型式:IM 出力:10k ステータ外径:134(mm) 積厚:42(mm) 電源:DC100(V)/5(A) ロータ:Cage

  4. 誘導加熱における大規模計算の必要性

    光洋サーモシステム株式会社 中田 綾香

  5. パワーエレクトロニクス機器の実践回路設計とパワーインダクタの 分析評価

    株式会社村田製作所 細谷 達也

  6. JMAGを用いた局所誘導加熱はんだ付け装置の解析

    株式会社スフィンクス・テクノロジーズ 臼田 武史

  7. 誘導電動機特性算定モデルの高精度化

    長岡モーターディベロップメント株式会社 佐藤 大介

  8. [JFT073] ユーザーサブルーチンを用いた誘導加熱のワークの温度をフィードバックした電流制御

    本資料ではユーザーサブルーチンを用いて、コイルの電流振幅を操作量としワークの表面温度を制御する方法を学習します。

  9. 233 – 誘導加熱コイルの最適化

    ここでは、歯車の高周波焼入れに使用するコイルの設計に最適化機能を用いて実施した例を示します。

  10. [JFT101] 他のスタディの応答値を利用した条件設定

    本資料では、他スタディの解析結果を参照し、引き続き計算する解析の入力値とする手順について学習します。

  11. 254 – 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の電磁加振力による振動を評価した事例を紹介します。大型変圧器は油冷となるため、部品周囲の流体である油を弾性体として近似して扱うことが本事例の特徴です。なお、加…

  12. 208 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析 (Abaqus連携)

    ここでは、高温に達した際の変形量、および、加熱中の変形により加熱範囲がどのように変化しうるかをJMAGによる発熱量解析とAbaqusによる伝熱・変形解析の連携により評価します。

  13. [JFT081] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)を用いて、誘導機の効率マップを作成する方法について学習します。

  14. 220 – 冷却工程を含めた歯車の高周波焼入れ解析

    ここでは、冷却工程までを含めた誘導加熱計算を扱います。冷却条件に応じて歯車の冷却速度に違いが生じる事例を紹介します。

  15. 218 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析

    ここではJMAGの磁界-熱応力の連成解析機能を用いて、誘導加熱硬化による歯車の変形を評価する解析を行っています。

  16. 224 – 非接触給電装置の漂遊損失解析

    ここでは、アルミシールドを設けることで漂遊損失が抑制できるか電磁界解析を使って調べた事例を紹介します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧