有限要素法による塊状磁極形同期電動機の始動特性解析

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

東芝三菱電機産業システム株式会社 丹 涼輔

概要

 大容量の塊状磁極形同期電動機では、始動時間が数十秒に及ぶことがあり、始動トルクの確保、始動電流や磁極損失の抑制などが設計をするうえで重要になる。回転機の小型化のためには、高精度解析法が必要だが、3次元FEMによる過渡解析は計算量・計算時間が大きく設計においては実用的ではない。しかし、2次元解析では磁極端部やコイル端部の影響などを考慮できないため、通常の解析では実測値と合わせることは難しい。そこで本稿では2次元解析においても漏れインダクタンス考慮や端部効果による磁極抵抗増加を考慮することで、実測値と合わせられることを示した。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧