JMAGのSolidworks連携機能を利用したmodeFRONTIERによる最適化事例(最適化作業プロセスの現状)

マーレエレクトリックドライブズジャパン株式会社
エンジニアリングサービス 解析グループ
市野 昌紀

概要

モータの開発において、要求仕様項目間のトレードオフの中で最適化ソフトウェアを使った磁気回路の設計は必須となり始めている。そして、CAD、CAE、それらを取りまとめる最適化ソフトウェアは、ユーザー毎の環境にもよるが、一般的に異なるベンダーから提供される事も多い。その様な中、ユーザーは最適化ワークフロー作成の途中で発生したトラブルの解決などに多くの時間が費やさなければならない事もある。特にCADモデルの形状を安定的かつ簡単にコントロールできる事は重要である。本発表では、具体的なトラブル事例など挙げていくことで、ユーザーがワークフロー作成に費やす時間を低減出来る様に各ソフトウェアの改善を期待したい。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ