異方性希土類ボンド磁石の着磁解析について

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

日亜化学工業株式会社 第一部門生産本部 開発部 第二課(略称R2) 吉田 理恵

概要

異方性希土類ボンド磁石は、NdFeB焼結磁石に比べて磁気特性では劣るものの、フェライト磁石と比べて高い磁気特性を有し、また、形状自由度の観点から車載用モータ等の小型化につながる材料として期待されている。しかしながら、異方性希土類ボンド磁石の場合、射出成形時の配向方向および配向率がその後の着磁特性に影響するため、単純な熱消磁状態からの着磁解析では、正確な予想をすることが困難であった。そこで本事例では、異方性希土類ボンド磁石の磁束密度を予想する一つの手段として、弊社で開発したスピーカー用磁石の解析を例に挙げながら、配向特性と肉厚別の着磁特性を利用する手法を紹介する。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ