モータ鉄損予測精度向上に向けたヒステリシスモデルの適用

株式会社デンソー
基盤技術開発部 CAE 技術開発室
吉岡 卓哉

概要

自動車の電動化が進む中、車載用回転機は、燃費(電費)改善に向けてさらなる効率化が求められており、鉄損の高精度予測技術の必要性が高まっている。
鉄損予測の課題として、時間高調波・空間高調波の考慮が挙げられる。高調波によりヒステリシス曲線に生じるマイナーループや積層鉄芯内の渦電流の表皮効果などの物理現象をモデル化する手法として、二次元磁場解析後、後処理としてヒステリシスモデルと鋼板の厚さ方向の一次元渦電流解析を活用する方法が実用化されている。
本発表では、単板試験片およびモータへ、上述の鉄損予測モデルを適用した際の鉄損予測精度向上の成果と、その課題を報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ