JMAGを用いた自動車用非接触給電コイルの最適形状の検討

株式会社テクノバ
電動・知能グループ
藤田 稔之

概要

EV/PHV向けの非接触給電システムは国際標準規格の発行を控え、開発が盛んにおこなわれている。WPTコイルの形状はWPTシステムの位置ズレ時の効率や受電電力量に大きな影響を及ぼす。形状の最適化を行うことで、システム全体の制御の負担が小さくなる。しかしながら、コイルの形状の変更はそれぞれが独立の変数と扱うことができないため、最適形状とすることは難しい。今回は、JMAG内の機能である遺伝的アルゴリズムを用いてWPTコイルの最適化を行った結果について報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ