大規模モデルによるリニアレールブレーキの解析

公益財団法人鉄道総合技術研究所
浮上式鉄道技術研究部
依田 裕史

概要

リニア誘導機として自己発電により励磁電力をまかない、外部電源レスで動作可能な渦電流レールブレーキシステム(リニアレールブレーキ)の設計にJMAGを活用している。本システムは一定の電圧によって駆動され、周波数制御によりシステムの損失と発電電力が釣り合った状態で動作する。そのため、正確な発電性能の把握が必要不可欠であり、性能低下要因となる電機子端部の存在を考慮する必要から、全長を再現する必要がる。またレール上の渦電流を高精度に計算するために、薄い表皮メッシュも要求される。以上の要因からモデル規模が膨大となる解析対象であり、並列計算による高速化が必要である。本講演では、高並列計算による解析事例について紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ