大形変圧器の三次元磁界解析の収束性改善

株式会社明電舎
変電事業部 変圧器工場 技術部 開発課
伊藤 泰久

概要

変圧器の設計において、磁界解析を利用した損失検討は必須である。近年は大型変圧器を対象にした三次元磁界解析も実用的な時間で解析可能になってきている。
本講演では、当社で実施した大形変圧器の三次元磁界解析における収束性改善の一例を紹介する。収束性悪化の原因を特定し、その対策方法を述べる。また、並列計算を用いた場合の計算時間についても述べる。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ