電力制御用可変インダクタの鉄損評価に関わる検討

株式会社電力計算センター 解析技術室 系統解析部
関場 陽一
/ 東北電力株式会社 研究開発センター 電力流通グループ
有松 健司、大日向 敬
/ 株式会社JSOL
中岡 高司、仙田 泰三

概要

近年の分散型電源の普及拡大や負荷の多様化により、配電系統において、従来から行われてきた電圧制御方法では対応が困難な状況になりつつある。この対策の一つとして、磁束制御による可変インダクタを適用した、無効電力補償による配電系統用の電圧調整装置の開発が進められており、これまでに「田」の字形状の磁心を用いた可変インダクタを適用した装置が実用化されている。
可変インダクタの磁心を積層鋼板により構成する場合、設計上の最適構成の検討にあたっては積層方法による損失の変化等をシミュレーションにより評価できることが望ましい。筆者らは、JMAGの鉄損解析機能(LS)による鉄損の評価方法について検討を行ったので報告する。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ