パワーエレクトロニクス機器の実践回路設計とパワーインダクタの 分析評価

株式会社村田製作所
技術・事業開発本部 デバイスセンター
細谷 達也

概要

パワーエレクトロニクス機器の実践回路設計として、エネルギーマネジメントシステムを構成するパワーインダクタの分析評価について報告する。
電力磁気部品はパワーエレクトロニクスの要だが、最適な設計や活用は難しい。多くのコンバータ回路設計者は扱いを苦手としている。部品としてのインダクタは、正弦波電圧で励磁して評価するが、実際のコンバータではインダクタは方形波電圧で励磁して動作させる。
本発表では、コンバータ回路における電力損失を分析し、開発した方形波鉄損算出法や熱量計測法の比較により、インダクタでの実用的な鉄損の計算について考察する。更に、磁界シミュレーションを用いて、電流や磁束を可視化し、鉄損や銅損などの電力損失の発生メカニズムを分析し、実践的な活用技術を解説する。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ