アウターロータ形式のファンモータにおける解析時間と並列数の関係

ダイキン工業株式会社
テクノロジー・イノベーションセンター
浅利 司

概要

パラメータを振った多ケース解析により、最適なモータ形状を探索することは一般的に行われている。
しかし、モータのパラメータが増加することにより計算時間が大幅に増加してしまう。
本講演では、ダイキン工業のODM(Outor rotor DC Motor)を検討対象として、PSLによる解析時間の短縮効果に関して事例を紹介させていただく。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ