プレイモデルのための磁気ヒステリシスループ測定

千葉大学
大学院 工学研究院
宮城 大輔

概要

直流偏磁下での鉄損推定手法として、プレイモデルによる鉄損推定法が提案されている。プレイモデルは磁気ヒステリシスを考慮した鉄損推定ができるため、インバータ励磁下で発生するマイナーループによる損失推定にも有効である。プレイモデルを用いた鉄損推定を行うためには、多くの磁気ヒステリシスループを準備する必要がある。そこで、プレイモデルのために必要な磁気ヒステリシスループの測定法を紹介する。また、測定精度がプレイモデルの精度に及ぼす影響や、プレイモデルにおける課題について報告する。

プレイモデルのための磁気ヒステリシスループ測定

プレイモデルのための磁気ヒステリシスループ測定

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録 サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ