[L-HU-08] 複雑な3次元モデルも短時間でFEAモデルへ

概要

部品数に比例して増加していた処理を並列化して行うことで、メッシャの処理速度を上げ、メッシュ生成時間を大幅に短縮させました。
生成時間の短縮により、解析対象の周囲部品の取り込みやコイル素線モデル化も容易になり、漂遊損や近接効果・表皮効果などより多くの特性を評価いただけます。

続きを読むには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧