メッシュ

精度の高い解析のためには良質なメッシュが必要なことは言うまでもありません。CADモデルからボタン1つで目的に応じた無駄のない高品質のメッシュを生成することがJMAGのゴールです。熟練者のノウハウと同時の形状認識技術を駆使した自動メッシュ生成の技術開発に取り組んでいます。

メッシュ接合技術

コア、磁石、ギャップなど部品や領域ごとに求められるメッシュは異なります。それらの要求を満たしつつ、全体として整合させることで無駄のない収束性に優れたメッシュを生成することができます。JMAGはこの基本技術の改良を続けています。

形状認識

最適なメッシュを生成するためにはモデル形状の特徴をとらえる必要があります。JMAGにはCADモデルが持つ特徴、長さ、厚さ、ギャップ幅、突極数などを認識する独自の技術が埋め込まれています。

ノイズキャンセリング

メッシュノイズ(離散化誤差)は解析精度を劣化させます。JMAGはこのメッシュノイズを抑制する技術にも取り組んでいます。この技術によってより高い解析精度と信頼性が得られるようになってきています。

主な機能