ソルバー

速度は精度と信頼性に直結します。機器内の現象の詳細把握や設計空間を調べるための大量計算には高速な計算処理が欠かせません。JMAGは高速計算のリーダーであり続けるために、高速ソルバーの開発、最新の計算機アーキテクチャへの適合、効率の高いモデリング手法の開発を行っています。

並列化技術

共有メモリ型から分散メモリ型、さらにはGPUまで最新の並列処理システムに対応し、高いスケーラビリティと高速性を追求しています。
デスクトップからクラスタ、クラウドコンピューティングまで、幅広い環境でJMAGの並列化技術は利用できます。数10万要素クラスのモデルはもちろん、1000万要素クラスの解析も設計サイクルに取り込めるようになりつつあります。

収束加速技術

JMAGの有限要素法計算のコアを担うリニアソルバ、非線形計算、時間積分には効率の高い反復法が用いられています。あらゆるアプリケーションや解析条件で良好な収束性が得られるように、常に最新の加速技術を開発導入しています。

主な機能