[JFT077] 任意の回路トポロジを持つJMAG-RTモデル作成

データをダウンロードするには、ライセンスIDもしくはユーザーIDが必要です。

手順・サンプルデータ

はじめに

システムシミュレータを用いてシステム全体の検討を行う場合、高精度なプラントモデルを使用することで初期段階でのコンポーネントと制御の協調設計が可能となり、システム開発全体の工数を削減することが出来ます。JMAGでは、モータやリニアソレノイドに限らず、任意の回路トポロジを持つアプリケーションに対してFEAベースの高精度なプラントモデルを作成することが出来ます。
本資料では、任意の回路トポロジを持つプラントモデル(JMAG-RTモデル)の作成方法を学習します。

図a アプリケーション例

キーワード

リアクトル、トランス、電磁リレー、ワイヤレス給電、多相モータ、プラントモデル、任意、回路トポロジ

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧