JMAGによる電磁鋼板および永久磁石の過電流損解析事例

PDFダウンロードサービスはご利用いただけません

日産自動車株式会社 島田 宗勝、小野 秀昭

概要

渦電流損解析結果を実験データと比較し検討することを試みた。その結果、古典的渦電流損をほぼ正しく解析していること、電磁鋼板の渦電流損には異常渦電流損が3割程度含まれていること、永久磁石(NdFeB焼結磁石)の渦電流損には異常渦電流損がないこと等が判ってきた。更に検討を進めるためには、実験データの充実が望まれる。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧