磁性材料の高温での磁気特性測定と誘導加熱装置の磁界・温度連成解析

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

岡山大学 大学院 自然科学研究科 電気電子機能開発学講座 教授 高橋 則雄

概要

高温で使用される機器設計などを行う際,温度が磁性材料の磁気特性に及ぼす影響を把握しておくことは非常に重要である。しかしながら,キュリー温度までの高温での磁気特性の測定例はほとんど無い。そこで筆者の研究室ではリング試料を用いての高温での磁気特性を測定しているが,その際の測定上の問題点や磁気特性の高温での振る舞いについて述べる。次に,測定した磁気特性の温度による変化などを考慮して誘導加熱装置の三次元渦電流解析を行ない,機器内の渦電流損と温度分析の時間的変化を明らかにするとともに,実測値との比較を行ない,解析の妥当性を示した。このように温度による透磁率の変化までを定量的にかつ連続的に取り扱うことにより,誘導加熱装置内で実際に生じている現象を精度良く解析できることを明らかにした。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ