タービン発電機のコイルエンド応力解析の実用化

富士電機株式会社 回転機部
水本 貴之

概要

タービン発電機の固定子コイルエンドの支持部には短絡電流によるローレンツ力にも耐えられる機械強度が必要である。
大形回転機は試作機の製作・試験が容易でないため支持部の設計には、磁界解析と応力解析の連成解析を行ない、評価する必要がある。
本稿では、タービン発電機の固定子コイルエンドについて、JMAGを用いて磁界解析と応力解析の練成解析を自動化した例を紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ