FIT3搭載 SPORT HYBRID i-DCD新型モータの開発

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室 第1ブロック
四方 哲

概要

コンパクトカークラスに最適な1モータSPORT HYBRID i-DCD用の駆動モータについて紹介する。
i-DCDシステムは新型FIT3に搭載され、モータを内蔵した7速DCT (Dual Clutch Transmission)を用いて車両状態に応じてエンジンを切り離したモータ走行を可能とする事により、エンジンクランク軸にモータを直結したIMA (Integrated Motor Assist) システムに対しJC08モードにて18%の燃費向上を実現している。
このDCTに内蔵されるモータは、コンパクトカーサイズのトランスミッションに収めるための小型化を行い、同時にシステムの要求を満足するため、磁場解析技術の活用により高効率、高出力化したモータを実現した。
今回、モータの開発にあたり適用した技術、得られた性能について述べる。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ