効率解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 165 – IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  2. [L-MU-110] JMAG-RTモデルを用いた制御・回路連成の早期定常化

    モータの性能評価の多くは定常状態で行います。制御・回路連成をおこなった際に過渡現象が生じると、定常状態まで電気角数周期分計算する必要があります。特にPWMキャリアの電流波形を捉える時…

  3. [L-MO-115] 効率マップを用いた誘導機の性能評価

    誘導機の最大効率を解析するには、電圧やすべりを変更して効率が最大となる組み合わせを探索します。効率マップを描くには、運転領域内の回転数および負荷の各点において探索を繰り返します。

  4. [W-MO-85] 高調波損失を考慮した効率マップ評価

    永久磁石同期モータや誘導電動機はインバータで駆動され、スイッチングによる電流高調波の影響によりモータの鉄損が増加する。また、コイル素線に角線を用いるとモータの高回転側では素線内で…

  5. Design of IPM Machines with Hairpin Windings for Electric Vehicle Applications

    IAV GmbH Chemnitz Bernd Cebulski

  6. Deep Motor Development Based on JMAG-Designer

    CHINA FAW Co.,Ltd. Lin Zhanxi

  7. 1D-3D シミュレーションによるIPM モータの効率評価および実機実証

    スズキ株式会社 赤木 亮介

  8. 217 – 三相誘導電動機の効率マップ作成

    ここでは、JMAG-RT Viewerを使用し、駆動温度を変更した場合の三相誘導電動機の効率マップを作成しています。

  9. [W-MB-102] モデルベース開発とシミュレーションによるモータ効率マップ評価⽅法

    概要モデルベース開発では試作を待たずに機器特性を評価する必要がある。モータドライブシステム開発ではモータの効率マップは重要な評価項⽬の⼀つである。そのためシミュレーションでモータ…

  10. 181 – SRモータの駆動特性解析

    ここでは、回転数ごとにスイッチタイミングを変えた場合のトルクや損失、効率などの駆動特性を求めた事例を紹介します。

  11. [L-MO-29] JMAG (FEA) による効率マップの作成

    モータの動作域全域の性能を表現する特性として効率マップが有効です。効率マップを得るためには効率が最大となる条件を探索する必要があり、これまではJMAG-RTモデル(プラントモデル)を用い…

  12. [L-MO-89] モータ設計ツールJMAG-Express

    JMAG-Expressはモータ設計ツールです。電卓のように、瞬時にモータ特性を計算し、要件を満足する設計仕様を出力します。有限要素法をベースにしているため、モータの微細な形状や高負荷時の磁…

  13. [L-MO-77] JMAG-ExpressとJMAG-RT Viewerでモータ概念設計

    開発プロセスの上流であるシステム設計において、モータはロータタイプ、極数、スロット数、巻数、ロータ直径など要求を満たすように大まかに仕様を決定します。

  14. 253 – 誘導発電機の出力特性解析

    ここでは、誘導発電機の出力電力と効率の関係を示した事例を紹介します。

  15. 207 – 磁気ギアの伝達トルク、効率解析

    ここでは内側ロータ、外側ロータに永久磁石を用い、間にポールピースを配した磁束変調型磁気ギアの伝達トルクと伝達効率を磁界解析で求めます。また、回転速度によって伝達トルクや伝達効率が…

  16. 199 – 共振回路を利用した電磁誘導方式によるワイヤレス給電の効率解析

    近年、実用化が求められている電気自動車(以後、EVと称呼する)、プラグインハイブリッドカー(以後、PHEVと称呼する)用非接触給電システムにおいて、電磁誘導方式の利用が検討されています。E…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧