モータ設計におけるJMAG最適化機能の適用の検討

株式会社ピューズ 技術部
坂下 善行

概要

弊社のモータ設計において、JMAGの最適化機能を活用することで、設計の効率化や、技術的な理解を図る助けになるかを検討した。テーマとして、装荷比のバランスや変動低減のための形状最適化を選択した。
現状の機能においても、適切に使用すれば、設計業務の効率化を図ることは可能であり、モータの特性を理解するトレーニングやアイディアを試す上でも有効なツールであることを確認できた。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ