交流回転機における固定子鉄心締付用スタッドボルトの渦電流損評価と温度上昇検証

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

東芝三菱電機産業システム株式会社 回転機システム事業部 大形回転機第2部 設計第1課 多久 征吾

概要

近年、中小容量モータを中心に、回転機の高出力、小型軽量化、高磁束密度化が進んでいる。しかしながら、大容量の交流回転機では、高磁束密度で運転するとき、固定子鉄心の支持構造物内に発生する渦電流損と温度上昇が漏れ磁束によって著しく増加する。従って、それらの損失と温度上昇を定量的に評価することは高磁束密度の回転機を設計する上で重要となる。
この発表では3500HPの誘導モータを対象に、固定子締付用スタッドボルトにおける渦電流損の解析評価と、温度上昇の実機検証について報告する。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ