整流器の磁界解析

富士電機株式会社
パワエレシステム事業本部 千葉工場 設計第二部 変換装置課
山岸 智久

概要

整流器では、大電流によって発生する磁界の影響で、整流器の構造物の過熱が発生する。大電流を流すために実整流器を用いての実験や検証は設備、コストの観点から容易でない。従って、JMAGでの磁界解析によって整流器の構造物の過熱を事前検討することは極めて有効である。本解析では、解析時間が問題となっており昨年度より解析時間の短縮に取り組んできた。本年度は高並列SMPによりさらなる高速化の実現が可能となった。また従来まではジュール損失密度による解析のみだったが、熱解析も実施したので合わせて報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ