並列計算を使用した大形変圧器の3次元磁界解析

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

株式会社明電舎 変電事業部 変電機器工場 変圧器技術部 開発課 伊藤 泰久

概要

変圧器は電磁気現象を利用した機器であるため、その研究開発を行う上で磁界解析は非常に重要である。近年のCAE技術とコンピュータ技術の発展により、変圧器の3次元モデルを使用した磁界解析も実用的な時間で解析可能となってきている。しかし、大形変圧器を対象にした場合、依然として計算負荷が高いため実用的な計算時間で解析を行うことは困難である。
本講演では、上記の問題を並列計算を用いることで解決する一例を述べる。実用的な計算時間で大形変圧器の3次元磁界解析が可能になることで、多くの変圧器において開発業務の効率化が期待できる。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ