モータ用永久磁石の3次元減磁分布測定手法の開発

高効率モーター用磁性材料技術研究組合 (MagHEM)
大阪分室
荒木 辰太郎

概要

家電、産業機器及びHEV駆動用モータに組込まれた磁石は、磁石素材そのものの局所的な保磁力の違いがある場合やモータ構造による磁石動作点の違いにより減磁分布は均一とはならないと考えられる。そこで磁石を細分化し、その磁石片を用いてモータ組込時の動作点での減磁状態を測定する3次元減磁分布測定手法の開発を行い、JMAG-Designerによるシミュレーション結果の検証を行い、解析及び実測の課題を抽出した。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ