多ケース同時計算によるJMAG-RT活用事例

日本電産株式会社
中央モータ基礎技術研究所 研究第1部
上田 智哉

概要

モータの性能向上には、モータ設計だけでなくモータ制御設計も併せて行う必要がある。これを実現するためにはJMAG-RTの利用が有効である。しかし、精度の高いJMAG-RTモデルの生成には計算時間が課題となっており、JMAG-RTモデルを限られた開発期間内で複数生成することは困難であった。
本講演では、ライセンスコストを圧縮するパワーシミュレーションライセンスをJMAG-RTモデル生成に適用し、計算時間・コスト削減した事例を紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ