可動子の回転と並進を考慮した電磁クラッチ吸引挙動シミュレーション

マレリ株式会社
キャビンコンフォート先行開発部
黒川 雄基

概要

カーエアコン用コンプレッサに使用される電磁クラッチにおいて、可動子の吸引挙動の予測は重要である。電磁クラッチの実機では、可動子の微小な傾き等が原因で電磁力によるモーメントが生じ、吸引時に回転運動と並進運動が同時に発生する複雑な挙動を示す。
本講演では、JMAGによる電磁クラッチの磁界解析と、Simulinkで構築した並進と回転の運動方程式を連携させることで、実機の吸引挙動の特徴を良好に再現した解析結果について報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ