誘導加熱における大規模計算の必要性

光洋サーモシステム株式会社
商品開発部
中田 綾香

概要

弊社が開発した「超高速浸炭処理」は、加熱方式に誘導加熱を用いて急速昇温・高温処理することで従来の浸炭処理工程(ガス浸炭など)を劇的に高速化する技術である。
熱処理品質に大きな影響を与える要因として、加熱コイル形状・昇温速度・ヒートパターン等が挙げられる。解析予測と実機検証を並行することで熱処理品質の向上と安定化に加え、解析精度の向上を図った。
今回、JMAG-Designerを用い、大型部品を対象とした超高速浸炭処理に関する解析を実施したので、その結果および大規模計算の必要性について報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ